FC2ブログ
はじめての対面とお別れ
私の祖母、3姉妹の曾祖母(ひいばあ)が亡くなりました。
99歳でした。

祖母は10年近く、入院をしてました。
幼児の面会はできなかったので、
3姉妹は、葬儀がはじめての対面。そしてお別れになります。

ところが、3女が、風邪で嘔吐がとまらず。
御通夜は出られませんでした。
なんとしてもお葬式は…と願ったら、薬が効いて嘔吐がとまり、
容態が落ち着きました。
まだ具合が悪いものの、家族5人そろってお葬式へ。

積み木の森はお休みしました。

小3のAにとってははじめての身内の葬儀。
大人の真似をして神妙にお焼香。そしておとなしく読経を聞いてました。

2歳の次女M子は読経中もちょろちょろして、静めるのに一苦労。

でも、棺のふたがあけられ、ひいばあと対面した次女。

「ひいばあとお別れしよう」と私。
次女は背伸びをしたまま、じっとおとなしく見つめていました。
死に化粧をしたひいばあ。大人の私にも死んだようには見えません。
今にも動き出しそうな・・・。
次女は、いつまでもじっと見つめていました。

3男2女の子供、7人の孫、そして11人のひ孫全員がかけつけました。

ひ孫たちは0歳から大学生まで。
小さい子達が多く、じっとしていません。
参列した大人たちがしんみりとしている暇はあまりありませんでした。

でも、人が集まるのが大すきだったひいばあ。
きっと、ひ孫たちの元気な姿を見て喜んでくれたことでしょう。

今までみたどのひいばあの笑顔よりも素敵なやさしい笑顔の「遺影」。

はしゃぐひ孫たちの向こうで神々しく見えました。

3姉妹にとって、初めての身内との
永遠のお別れ。
それは、普段中々会えない、いとこ、はとこたちとの
楽しいひとときとともに、
ひいばあの思い出となって3姉妹の心に残ってくれることと思います。








スポンサーサイト



【 2007/04/19 23:28 】

| 育児 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<親子で筋トレ 体験会 | ホーム | アンパンマン パンの食べ方は?!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsumikimom.blog81.fc2.com/tb.php/37-448804d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |