スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
子育て応援講座「イヤイヤ期を上手に乗り切る」大好評でした!
「気持ちが楽になりました」
「また是非、やってください」

参加者に大好評だった「子育て応援講座イヤイヤ期を上手に乗り切る」

「地域の方と子育てしたい」と始めた積み木の森のプレイルームで
待望の、はじめての講座。

といっても、講座はママのみ近くの榎町地域センターで。
その間、お子さんを積み木の森のプレイルームでお預かりしました。

ママさんだけ、少人数の講座は、個別の質問も大歓迎で行われました。
講師は、保育士、臨床心理士、子育て支援プログラム「ノバディーズパーフェクト」も主催している方(ご自身も0歳のお子さんを子育て中です)。

イヤイヤ期とはどういう時期なのか
親としてどのような対応がいいのか
を分かり易く、楽しくお話してもらいました。

参加者は、0歳から3歳までのママさんたち11人。
1時間半の講座に加えて、
「もっと話を聞きたいです!」
と、強いご要望がありました。

後日、今度は積み木の森プレイルームで、お子さんを遊ばせながら、個別の相談会(希望者のみ)。

実際にそれぞれのお子さんの様子を見ながら、実態に即した個別のアドバイス。お子さんが気になり、車座の座談会というわけにはいきませんでしたが、一人あたり10-20分は個別にお話ができたようです。

講師の方も、初日の講座で理論、
別に設けた相談会でフォローができてよかったと。

大々的に募集・告知をする前に、すぐ定員に達してしまったので、
このブログでも事後報告になりました。

でも、講師の方とも、またやれたらいいですね とお話しました。

ちなみに、講座自体は、無料で、保育代のみの講座でした!

講師の方は、来月、新宿区四谷にある本塩町児童館で、今度は
ノバディーズパーフェクト(カナダ生まれの子育て支援プログラム)を開催します。

興味のある方は、積み木の森にチラシがありますので、お問合せくださいね。

スポンサーサイト
【 2007/09/15 23:20 】

| 育児 | コメント(0) | トラックバック(1) |
人形劇がやってくる!
20070615132530.jpg


積み木の森 プレイルームに人形劇がやってきます!

6月23日(土)午後2時~3時
大学生のお姉さん、お兄さんによる手作りの人形劇です!!

みなさんにゆったりみてもらうために先着順20人まで受け付けます。
プレイルームはマット敷きで小さなお子さんでも大丈夫です。

一番のお勧めは幼稚園~小学校低学年のお子さん。
未就学のお子さんは保護者同伴でお願いします。

お申し込みは、
メール info@tumiki-mori.com
 (恐れ入りますが、迷惑メール対策で@が全角になってます。アドレスをコピーする場合には、
@を半角@にしてください)。
または、ファックス 5155-8988で お早めにどうぞ。

お申し込みの際には、

保護者お名前(お子さんお名前):
ご連絡先:メールまたは
     お電話
観劇希望人数:  人

をお書きそえくださいね。
【 2007/06/15 13:30 】

| 育児 | コメント(0) | トラックバック(0) |
+思考とほめることの大切さ
「1つほめて、100叱ってませんか?」
「70点は、100点からマイナス30点ではありませんよ」
「×をつけることはお子さんのプライドを傷つけますよ」

今日、長女が通う塾の保護者会にでかけて言われたこと。
みんなあてはまっていたので、大いに反省しました。

3年生の長女が反抗期。言うこときかないと思っていた。

でも、塾の先生からすると「まだまだ可愛い。4年までは言い方次第で言うことききますよ」

そうか。親のやり方、態度、接し方。
わかっちゃいるけど、中々実践できない。

知り合いのJG(女子私立中の御三家)合格者のママは
「何でも話せる関係を築いておくこと」と。

手遅れにならないよう、今から私の意識と態度改革!!

いつも思う。育児は育自。子育て=親育ち。





【 2007/05/22 13:41 】

| 育児 | コメント(0) | トラックバック(0) |
親子で筋トレ 体験会
気になる二の腕、わき腹。
子供とスキンシップとりながらできる筋トレ!!

今日は、積み木の森の無料体験イベント第2弾「親子で筋トレ」やりました。今回も積み木の森のお客さんや、幼児サークルの仲間に声をかけました。
20070616001303.jpg 20070616001325.jpg

今回は、お子さんを負荷にして、ママのためのトレーニング。
先生は、ピラティストレーナー、スポーツ家庭教師でもあるN先生(イケメンです)

私はチビ二人とも保育園で、カメラマンとじっとしていられないお子さんのシッター、二役。

でも、手が空いたときに、負荷なしで1つやってみました!!
体育座りして両足をあげる。
両腕をのばして、右から左へ(お子さんを抱っこする形)。
わき腹をねじるように。
気になるわき腹にかなり「効く~!!」

参加してくださったみなさんにも好評だったよう。

N先生の筋トレは、高校時代の部活での「苦しいばかりの」筋トレとはぜんぜん違う!

負荷はかけるけど、かけすぎない。
「気持ちいい」「効く~」でとどまる。

これがピラティス!普通の筋トレとはちがうんですね。
好評につき、レギュラーレッスン化も企画中です!

決まったらお知らせしますね。
【 2007/05/22 00:39 】

| 育児 | コメント(0) | トラックバック(0) |
はじめての対面とお別れ
私の祖母、3姉妹の曾祖母(ひいばあ)が亡くなりました。
99歳でした。

祖母は10年近く、入院をしてました。
幼児の面会はできなかったので、
3姉妹は、葬儀がはじめての対面。そしてお別れになります。

ところが、3女が、風邪で嘔吐がとまらず。
御通夜は出られませんでした。
なんとしてもお葬式は…と願ったら、薬が効いて嘔吐がとまり、
容態が落ち着きました。
まだ具合が悪いものの、家族5人そろってお葬式へ。

積み木の森はお休みしました。

小3のAにとってははじめての身内の葬儀。
大人の真似をして神妙にお焼香。そしておとなしく読経を聞いてました。

2歳の次女M子は読経中もちょろちょろして、静めるのに一苦労。

でも、棺のふたがあけられ、ひいばあと対面した次女。

「ひいばあとお別れしよう」と私。
次女は背伸びをしたまま、じっとおとなしく見つめていました。
死に化粧をしたひいばあ。大人の私にも死んだようには見えません。
今にも動き出しそうな・・・。
次女は、いつまでもじっと見つめていました。

3男2女の子供、7人の孫、そして11人のひ孫全員がかけつけました。

ひ孫たちは0歳から大学生まで。
小さい子達が多く、じっとしていません。
参列した大人たちがしんみりとしている暇はあまりありませんでした。

でも、人が集まるのが大すきだったひいばあ。
きっと、ひ孫たちの元気な姿を見て喜んでくれたことでしょう。

今までみたどのひいばあの笑顔よりも素敵なやさしい笑顔の「遺影」。

はしゃぐひ孫たちの向こうで神々しく見えました。

3姉妹にとって、初めての身内との
永遠のお別れ。
それは、普段中々会えない、いとこ、はとこたちとの
楽しいひとときとともに、
ひいばあの思い出となって3姉妹の心に残ってくれることと思います。








【 2007/04/19 23:28 】

| 育児 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。